【はじめてみた】今話題の画像生成AI Stable Diffusion のはじめかた(無料)

Stable Diffusion

【はじめてみた】今話題の画像生成AI Stable Diffusion のはじめかた(無料)

今回はAIを活用してテキスト情報から画像自動で作成する事ができる画像生成AIについて、特に日本でもよく知られているStable Diffusionについて前回は紹介しました。

前回の投稿はこちら

今回はITに詳しくない方でも画像生成AIのStable Diffusionを簡単にそして無料で始められるやり方を紹介します。

そもそもStable Diffusion とは?

Stable Diffusionとは、AIによって画像を生成する手法の一つで、画像の特徴をより自然に表現することができます。具体的には、元の画像から微小な変化を加えたものを徐々に重ね合わせることで、より滑らかな画像を生成することができます。

この手法のメリットは、例えば、人物の表情や背景の風景を生成する場合に、より自然な画像を生成することができる点です。また、Stable Diffusionは、他の画像生成手法と比較して、画像の品質が安定している点が特徴的です。

Google Colaboratory を使った方法

今回はこちらの投稿を参考にさせていただきました。

【AI画像生成】Google ColabでStable Diffusion web UIを動かす方法
Google Colab上でStable Diffusion web UIを動かす方法です。Stable Diffusion web UIでは、ブラウザを使ってAI画像生成を行なうことができます。

画像生成AIを使うためには高スペックなPCが通常は必要になるのですが、Google Colaboratory(略:Colab)は、それに必要な高スペック(高機能GPU)な環境を使うことができるサービスで、Stable Diffusionの実行も無料で利用することができます。(利用回数などで制限はあり。)

なお、利用するにあたってはGoogleDriveの環境が必要となりますので、事前にそちらの準備をしておいたほうが良いです。

具体的な作業についてはこちらのページにわかりやすい説明がございますので、そちらに記載の方法を順番に行っていきます。

【AI画像生成】Google ColabでStable Diffusion web UIを動かす方法
Google Colab上でStable Diffusion web UIを動かす方法です。Stable Diffusion web UIでは、ブラウザを使ってAI画像生成を行なうことができます。

上記URLにもご説明がございますが、実行後に結果の中に、Running on public URL: xxxx.gradio.liveというリンクをクリックすると実際のStable DiffusionのUIの画面にたどり着きます。

画面サンプル

プログラミングスキルがほぼゼロなわたしでもすぐに利用することができるなんて、先人の方たちが残してくれた遺産に感謝してもしきれませんね。。。

もしAIイラストに興味を持っていただいた方は、私もStable Diffusion で生成したAIイラストを投稿している、AIイラスト専用の投稿サイト「ちちぷい」というサイトがありますのでぜひクリックしてみてください。

投稿されているAIイラストには実際のプロンプト(ネガティブプロンプト)なども掲載されている物があるので、最初に何をプロンプトに入れてよいかわからないときなどは、同じものやそれを真似て画像を生成していくという方法が初心者としての第一歩かと思います!

まとめ

この記事ではAIを活用してテキスト情報から画像自動で作成する事ができる画像生成AIについて、特に日本でもよく知られているStable Diffusionを無料で利用する方法について紹介しました。次回以降StableDiffusionの使い方について紹介できればと思っております。

今後、自ら使ってみて、便利だった事例などを紹介できればと思っております。

それ以外の仕事や生活に役立つようなデジタルツールや技術、サービスなどを本ブログでは紹介してきますのでお楽しみに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました